会社沿革概要 – History –

創業70周年を迎えた当社は、
常に時代のニーズに合わせた事業を取り組んで参りました。
今後とも柔軟性を重要視しながら、多角的、客観的な視点を持ち、
先見性を持った食文化に関わる事業構築をし
よい食を作る人が、報われ誇りを持てる社会を実現します。

行動指針

多彩な発想とユニークな着眼点、独創的な方法が新しい地平を開きます

弊社が目標とするもの

肩をはらずにチャレンジ。
当社は昭和20年の創業、25年に法人化、当初は青果物の移出流通を目的としていました。
その後45年に菌茸部門を創設、食菌産業という新しい分野の開拓へと展開
生産技術の高度化だけでなく組織培養や細胞融合など、
バイオテクノロジーを中心とした独自の技術革新の成果は、
ユーザーのニーズを的確につかむこととなり、
特種有機質肥料のタイロンシリーズ独自開発にむすびついて、
新しい裾野へとさらに事業領域を広げてまいりました。
これからも研究と開発への情熱を軸に
新しい分野への挑戦も含めて、意欲的に企業活動を展開してまいります。

会社沿革

昭和20年 創業
昭和45年 菌茸事業部設立 エノキダケ生産開始
昭和53年 日本特肥化学株式会社設立 しめじ生産開始
昭和54年
きのこ増収剤タイロン150発表(三楽)
昭和55年 株式会社泰和に社名変更
昭和60年 創業40周年。本社社屋落成(現住所)中央研究所落成
中央工場落成3t/D確立 ヒラタケ種菌KT-112発表
平成元年 タイロン#200発売。 漬物、惣菜販売部門の設立
平成2年 惣菜製造、漬物製造の営業許可取得
平成3年 ブナシメジ生産開始
平成4年
椎茸生産開始 研究室設置
B.M.W. Bio mush woods Tywa.設立。
平成5年 タイロン#500発売。増収剤
平成12年 エリンギ製造・販売開始
平成14年 いづも・タイワ事業協同組合(変更)
平成16年 浅野培養センター新設(日特) 赤沼種菌センター新設 穂保センター生育増設、改装改修
インターネットショップ開始
平成17年 社団法人長野県雇用開発協会から表彰(障害者雇用促進)
平成18年 ジャンボシリーズ販売開始(なめこ、平茸、ぶなしめじ、シイタケ)
平成20年 新品種(ヌーグ、バイリング)の試験栽培
平成21年 日本特流(株)ニットク(日本特産品流通)設立
平成22年 tywa全事業所エコ化の取り組み
平成24年 組織改革。事業部門の改定、組織見直し。
平成26年 長野県知事から障害者雇用 表彰
平成27年 大規模なエルニーニョ現象、6年ぶり暖冬
平成29年 平成29年度障害者雇用優良事業所等表彰における機構理事長表彰に決定
会社案内